買い取り業者を探す
査定の前にすること
高価買取の査定ポイント
損をしないための豆知識
サブメニュー
お勧めリンク
■必要書類を揃える

中古車を売るときにはさまざまな書類が必要になってきます。書類というのはいろいろと面倒ですが、それらに少しでも不備があると契約が成立しなくなってしまうので注意しなければなりません。必要書類は大体決まっていますが、各車の状況によって別に必要になる書類もありますので、そのときそのときで、よく確認しましょう。

代表的な必要書類としては以下のようなものがあります。

    ●車検証(正式名称:自動車検査証)

これは査定をするときに、価格を算出するために最も重要な書類ですので必ず必要です。新車登録時(軽自動車は届出時)に発行されます。ここには、車のナンバー・用途・車の所有者/使用者・車検満期日などが記載されています。

    ●当年度の自動車納税証明書

当然ですが、金融機関等の領収印が押されているものが必要です。

    ●自賠責保険(正式名称:自動車損害賠償責任保険証明証)

自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられている保険で、別名「強制保険」ともいいます。車検が切れている車を売りたいときには、新たにこれに加入しなくてはなりません。

    ●実印

役所に印鑑登録をした印鑑のことです。車を売却する際は、いろいろな書類にこの「実印」を押さなくてはなりません。100円ショップで買ってきた印鑑とかシャチハタではダメです。実印は一度登録したらずっと使えるのかというとそうではなく、引っ越した場合は、再度引っ越し先の役所で登録しなければ実印として認められません。印鑑登録は当日のうちにでき、証明書も発行してもらえるので、ない場合は当日に急遽用意することも可能です。

    ●印鑑登録証明書

その印鑑が間違いなく実印である、ということを証明する公的書類のことです。自動車の名義変更等に使えるのは発行日から3カ月以内のものです。車の名義変更は車庫証明などの準備などでいろいろと時間がかかり、即日には出来ない場合が多いので、余裕をみて、有効期間は最低でも1ヶ月以上あったほうがいいでしょう。

    ●譲渡証明書

車を売るときに、現在の所有者が新しい所有者にその車の権利すべてを譲渡したことを証明する書類です。ここにも実印を押す必要があります。

    ●住民票

車検証記載の所有者と実際の所有者が一致しているかを確認するために必要です。車を登録した後に引っ越しをして、車検証の住所変更を行なっていなかった場合は、前の住所のままの車検証と新しい住所で登録した印鑑登録証明書の住所が一致しなくなります。そこで、新しい住所と本人を確認するために必要になります。引越しが1度だけなら住民票のみでOKですが、何度も引越しを繰り返している人は、戸籍の附票または住民票の除票が必要で、氏名変更をした場合はさらに戸籍謄本が必要となります。

    ●委任状

車を売りたい本人が手続きをする場合は必要ありませんが、誰かに頼むときはこの書類が必要です。

Copyrightc 2008 sells-highcar.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。