買い取り業者を探す
査定の前にすること
高価買取の査定ポイント
損をしないための豆知識
サブメニュー
お勧めリンク
■純正品の重要性と社外パーツについて

欠けているとマイナス査定の対象となってしまうのが、購入当時に装備されていた純正品です。もし純正品から社外品のパーツに交換した場合は、純正品はぜひ保存しておいてください。性能はやはり、社外品よりも純正品が一番なのです。それに、車を買う人の趣味趣向は千差万別です。市場へ再流通した時にはいろいろな好みに対応できるほうがプラス査定につながります。

純正品として特にサス・ショック・マフラー・オーディオなどは要注意です。車を売るときにはわざわざ純正品に付け替えなくてもかまいません。売却時に店員に渡せるようにしておけばOKです。

社外品は、一昔前だと修理や査定ではいい顔をされず、減点対象になっていました。ですが、最近ではそこまで悪いものではなく、もの次第で評価の対象になります。しかし、車検に対応していないものは、評価外となってしまいますので、そういう製品を取り付けていた場合は純正品に取り替えておきましょう。

自分で社外品を取り付けた場合は、本当にその製品のチョイスの良し悪しによって、評価が大きく分かれます。特にエアロパーツなどの場合は、全体のバランスが決め手です。人気パーツメーカーの製品であったり、同一メーカーのパーツでセンスよくコーディネイトしてある場合は、受け入れられやすく、プラス査定も期待できます。

最近のカーナビやテレビは優れた機能が多く、人気も高いので、純正品はもちろん、純正でない場合でもプラスになる場合があります。

マフラーを交換している場合はそのときそのときの場合により、プラスもあればマイナスの査定もあります。スポーツ系のクルマにぴったりマッチしたデザインのスポーツマフラーを組んでいる場合は査定がプラスになることが多いです。もちろん車検対応でなければいけないということは言うまでもありません。

スタッドレスタイヤについては、現在は外している場合にはスタッドレスタイヤも用意したほうがいいでしょう。現在装着している場合は純正タイヤも用意してください。

とにかく、どんな場合でも、純正品は残しておいたほうがいいです。たとえ今ついている社外品が素敵なものだったとしても、純正品が残っている、ということはお店側にとってとても安心できることなので、プラス査定につながるからです。

Copyrightc 2008 sells-highcar.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。