買い取り業者を探す
査定の前にすること
高価買取の査定ポイント
損をしないための豆知識
サブメニュー
お勧めリンク
■事故暦があればまとめておく

事故暦」というのは要するに、その車で交通事故があったかどうかかという事です。ピラーやクロスメンバー、ルーフパネル、インナーパネル、エンジンなどに修理履歴があると買い叩かれますので、事故で上記の箇所を修理した場合は気をつけてください。

分かっている事故暦(修復暦)や故障箇所があれば、最初から正直に、包み隠さず査定士に伝えましょう。

査定士はプロです。申告しなくても分かると思っておくのが妥当です。仮に、最初の査定で見つからなかったとしても、車両を引き取った後でもう一度検査されますし、契約書にも、後で何か不具合が見つかった場合には買取額が変更できるように書かれていたりします。ここはとにかく正直に(笑)。

自分も中古車として買った車で、もともと知らない事故暦があった場合などは仕方ないですが、新車で買った車で所有者の変わらない車ならば、申告のない事故暦あると他にも何か隠しているところがあるのではないかと疑われ、減点対象にもなりかねません。

反対に、最初から正直に伝えておけば、査定士にもいい印象を持ってもらえて、最終的な査定額にも影響してきます。

あと、意外と勘違いしている人が多いのが「事故車の範囲」です。バンパーを交換したとか、ドアを板金したくらいでは事故車扱いにはなりません。自動車公正取引協議会による定義では、フレームや骨格など、車の内部まで影響が及んでいる車両を事故車(修復暦車)としています。

でも、細かいことでよく分からない場合は、とにかく自分の把握している修復暦をすべて正直に、丁寧に紙などにまとめていてください。

Copyrightc 2008 sells-highcar.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。