買い取り業者を探す
査定の前にすること
高価買取の査定ポイント
損をしないための豆知識
サブメニュー
お勧めリンク
■整備手帳の有無

整備手帳は「分解整備記録簿」ともいい、車検を受けるときにちゃんと24ヶ月点検をしているかの証明になるので、必要になるものです。車を売るときにもこれがとても重要になってきます。

整備手帳の内容を確認することによってその車の管理・点検・整備状態を知ることができます。それだけではありません。メーター交換の有無や何らかのリコールにかかっていないか、また正確な走行距離を把握することができます。だから、車を売る本人というよりは、買取店や次のオーナーにとってとても重要な書類です。

メーター交換をしたのに、整備手帳がなかったら、「走行距離不明車」とみなされ、査定額が大きくマイナスになってしまいます。

あと、車には、整備手帳のほかに「取扱説明書」もあるはずです。これも忘れずにとっておいてください。最近の車はいろいろな操作がすべてコンピューター化されていることが多く、取扱説明書がないと使い方がまったく分からないことがあります。とくに、輸入車の場合は国産車と操作が違うので、まったくお手上げ状態になってしまいます。

洗車や掃除など、車の外見上のことには注意を払っていても、整備手帳など、書類の扱いがぞんざいになってしまっていることが多々あります。売却するときのために、次のオーナーのためにも、きちん保管しておいてくださいね。

Copyrightc 2008 sells-highcar.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。