買い取り業者を探す
査定の前にすること
高価買取の査定ポイント
損をしないための豆知識
サブメニュー
お勧めリンク
■人気車と輸入車は下取りよりも買取り専門店へ

まずは下取りと買取りの違いを整理しておきましょう。

買取りは、自分が乗っていた車を買取り専門店などに売却し、現金に変えることです。一方、下取りは、ディーラーまたは中古車販売店に自分の車を持って行き、査定してもらい、提示された金額を次の車(ディーラーなら新車、中古車販売店なら中古車)の購入費用として充当することです。

車を複数所有する気がない限りは、前に乗っていた車は下取りに出すか買取ってもらうか、どちらかになるのですが、ここで注意していただきたいのは、あなたが今まで乗ってきた車が人気車種かもしくは輸入車だった場合です。

中古車市場で人気の車は、買い取り専門店では査定価格が高くなる傾向がありますが、主に新車を扱うディーラーではさほど評価されません。その差は、車のその時点の人気が査定に影響するかどうかの違いから生まれます。

ディーラーでの車の査定は、基本的にマニュアルに従って行われます。そのマニュアルには「人気度」という項目はありません。だから市場で大人気の車であっても査定のときに加点されることがないのです。

ディーラーでは新車価格を基準にして、走行距離、事故暦、年式、全体的な車の状態などをチェックし、完全にマニュアル通りに減点法で査定されます。極端に言えば、査定士がベテランであっても、昨日入社した新人でも、査定額は同じになります。

これに対して、買い取り専門店や中古車販売店の査定は、中古車市場での流通価格を基準にします。「中古車市場」というのは、現在ではほぼ、オートオークションを指します。同じ車種の車がオートオークションでいくらで落札されているか、というのが基準となっています。オークションで高値で落札される車は中古車販売でも高値で売れる、と考えられるわけです。

買取専門店や中古車販売店では、この金額が査定額に反映されるので、人気車はディーラーよりも高い値段が付けられます。ディーラーの場合とは違い、市場をよく理解しているベテラン査定士のほうが正当な、高い価格を付けるでしょう。

輸入車においても同じことが言えます。輸入車は人気の浮き沈みが激しく、人気のあるなしによってオークションでも価格がめまぐるしく変化します。

愛車を少しでも高く売るためにも、車の人気・不人気、市場価格(オークションでの平均的な落札価格)を調べておき、買い取り業者に有利な条件で買取ってもらいましょう。

Copyrightc 2008 sells-highcar.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。